You are here: Home / 合格のポイントを知っておくと安心な声優オーディション

合格のポイントを知っておくと安心な声優オーディション

アニメ業界でキャラクターの声や海外のドラマや映画などの吹き替えを行う職業を声優と呼びます。近年、若い人たちの間では声優が将来なりたい職業ランキングの上位に上がるようになってきており、志願者が増えています。声優になるためには、アイドルやモデルと同じように所属事務所やプロダクションの声優オーディションに参加して、役を勝ち取らないといけません。オーディションには養成所から事務所に所属するためのオーディションとアニメや映画の役の担当声優を決めるためのオーディションの2つに大きくわかれます。どちらのオーディションでも合格しなければ、声優として生活していくのは難しいです。そのため、新人のうちはオーディションをたくさん受けて、経験と実績を積んでいくのが大切です。

書類審査と情報収集が大切です。

声優オーディションに受かるためには、まずそのオーディションの審査員たちが求めているものをつかむことが大事です。個性的なキャラクターの声優を求めている場合は、個性的な声質をもっている人をオーディション側は求めていることになります。自分の声質や演技力、雰囲気を分析して、長所や個性を活かせられるオーディションに的を絞って、受け続けるのも一つの方法です。新人の声優であれば、経験を積むためにいろんな媒体や内容のオーディションを幅広く受けるのも勉強になります。次にオーディションのほとんどは、第1次審査を書類選考にしていることが多いため、書類の志望動機や写真などに力をいれることが大事です。写真はなるべくプロのカメラマンに撮影してもらうのがよいです。昨今は、声優にもアイドルのようにルックスを求める風潮があるためです。

声優オーディションは数をこなすことが大事

誰もが名前を知っているような大御所の声優でもオーディションで落とされることはよくあります。そのため、オーディションに落ちても気にせずにひたすらオーディションをこなしていける精神力を持つことが大事です。声優は、オーディション側にとっては商品価値がどれぐらいあるかを審査するため、オーディションのときには自分のアピールポイントを審査員に伝えることが重要です。歌唱力に自信があれば、難易度の高い歌を審査員の前で披露するなど自分の個性を短時間に伝えられるように前もって考えておくのがよいです。また、ルックスや声の演技力がよくても一緒に仕事をするうえでは、人柄も重視されます。そのため、審査が始まる前に周囲のスタッフに挨拶や雑談などをして「この人と仕事をしたい」と思わせるように自分の人柄も知ってもらうことも選ばれるために必要です。